閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 抗精神病剤を個人輸入するメリットはさまざま考えられる
    2. 海外から抗精神病剤を個人輸入する際の税金の問題について
    3. 抗精神病剤を個人輸入する前に知っておきたい注意点などについて
    4. 個人輸入をする際に知っておくと安心できる配送・発送について
    閉じる

    抗精神病薬を個人輸入する前に知りたい基本とは?

    海外から抗精神病剤を個人輸入する際の税金の問題について

    抗精神病剤を個人輸入したいという方もいらっしゃることでしょう。
    今では、インターネットを介して比較的に手軽に購入することが可能ですから、さまざまな方に活用していただけるかとも思います。
    海外製品を輸入するという形になりますので、利用される前に「関税」にかんすることも把握していただくことをおすすめしたいと思います。

    関税や消費税について

    購入金額が12000円~15000円前後を超えた場合、税関において別途関税・消費税が課税されるということがあります。
    まれではありますが、発生ケースもあるということは把握しておきましょう。

    課税額支払いについて

    原則として、先のような税金はすべて「利用者の負担」となります。
    関税については、税関東京が判断と決定をしているものですから、個人輸入代行業者とは関係のないところで発生しているということがその理由です。
    もし、税額に納得がいかないなどということがあるようでしたら、「課税通知書」に記載をされている担当局に個人的に問い合わせをしていただくことになります。

    問い合わせがあった場合

    ケースとしてはまず無いことではありますが、輸入品について問い合わせや指示などが入ったなどという際には「個人使用である」という旨を伝えて承認を受けるようにしましょう。
    このことによって、商品が手元に届かないなどという事態を避けることが出来ます。

    税金について知っておくこと

    金額的な部分をみても、課税がなされるというケースは抗精神病剤においては少ないかとも思いますが、システムを利用する上においては把握しておくことが安心にもつながることでしょう。
    より詳細に税関について知りたいという場合には、公式のホームページにアクセスをしてみるとよいでしょう。

    関連記事

    1. 個人輸入をする際に知っておくと安心できる配送・発送について

    2. 抗精神病剤を個人輸入するメリットはさまざま考えられる

    3. 抗精神病剤を個人輸入する前に知っておきたい注意点などについて

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    コメントするためには、 ログイン してください。

    ピックアップ記事

    1. 抗精神病剤を個人的に購入することは出来ないかと考えている方もいらっしゃるでしょう。近所のドラッグ…
    2. 抗精神病剤を個人輸入したいという方もいらっしゃることでしょう。今では、インターネットを介して比較…
    3. 今では、インターネットを通して通信販売という形で抗精神病剤を購入することは可能となっています。法…

    アーカイブ

    ページ上部へ戻る